スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
きみのために、ぼくは走る。
風邪がうつるといけないから、キスはしないでおこう…、こんにちは、夢見るダメ人間こと136Rです。
僕は小さな人間です。


ブログってのは日記や日々気付いた事を書く様な場だと思っているのですが、このブログにはついつい愚痴なんかばかりを書いてしまっていて、日々の記録がろくに無い事に気付きました今日この頃です。
そんなワケで先週末の記録にヒィアウィ~ゴウ。


先週は会社が世の中の不景気の煽りを受けて金曜日が休業日でして、木曜日の夜から週末だと受けれておりました。
そんなワケで木曜フリーと言えば「本鮪さんと映画」ってワケで、仕事も早々に切り上げて男二人でくんずほぐれつ、大好きなトランスフォーマーリベンジを観に藤枝まで行って来ました。

本当は潮干狩り馬鹿ことシオヒも一緒に行くハズだったんだけど、シオヒが磐田辺りで女の子にちょっかい出してて遅れたモンだから、シオヒはその後の飲み会から参加でした。
そんなワケで映画の後はシオヒと島田若手のカーズを追加してカーズ宅にて家飲みです。
ちなみに僕、本鮪、シオヒは翌日休みだったのですが、カーズは仕事なワケで、「明日も仕事な後輩の家に先輩3人が乗り込んで来て酒は飲むは泊って行くは」という状況です。
ってな感じで今夜はカーズ宅にお泊まり。

金曜日、カーズ宅で起床後、本鮪さんを送りつつ帰宅し、別居中の嫁さんと公正役場なんてトコに行ったり話し合いをしたりして昼間を過ごし、夜は以前に結婚した健兄ぃに招待されたお疲れ飲み会に参加です。
さらりと書きましたが僕も頑張ってるというか、真面目に生きてもいますよ。恥ずかしくて言えないんですが。
健兄ぃ飲み会ではワインをバカスカ飲んだりして悪酔いしてしまいまして、外の公園でグッタリしてたり、それを介抱してもらったり(本当にありがとうございます)、帰りの送ってもらってる最中も爆睡してしまったり、勘違いやすっぽかしで迷惑かけたり、飲み会中もベラベラとKY夜露死苦で喋りまくったり、とにかく色んな人に迷惑をかけてしまった飲み会でした。ごめんなさい。

なんだかんだでカーズ宅に送ってもらい、この日はカーズ宅にて就寝となりました。

土曜日、カーズ宅で起床後、カーズと一緒にカラオケ本選に向けての練習を開始。
CDに付いてた振り付けDVDを観ながら二人で踊ったり、高校時代の暇な夏休みの友人宅にいるようなダルくも居心地の良い雰囲気で過ごしたり、ボチボチとしておりました。

練習もそこそこに一度帰宅して、仮眠を取り、今度はサポメン会議の為に静岡市に向けて出発です。
日曜日の予定も考えて袋井市青年団の紅一点、エドゥに迎えに来てもらい、二人でカーズ宅に向かって出発しました。
カーズ宅到着後、車を乗り換え、ピトミを拾って、晩飯を食ってから4人でサポメン会議に参加しました。
会議の後は飲みに行くハズがお店が休みだったりして断念し、誕生日のお祝いをしたりパジャマトークの様に4人で馬鹿話ししたり、シオヒと二人で話し込んだり、AM3時までの貴重な仮眠の時間をほとんど潰して楽しいひと時を過ごしました。

そんなワケで日曜日、3時に起床して準備をし、静岡市から「冒険とイマジネーションの海、ネズミーシー」へと出発しました。

発起人のカーズは名前の通り「ディズニー馬鹿」でして、週末の夜中に呼び出されて「ディズニーの楽しみ方」とかいうDVDを観させられた時はちょっと引いたりもしたんですが、やっぱりディズニー馬鹿の称号は伊達じゃなくて、開催されているイベントの情報からアトラクションの位置、欲しいお土産が売ってる場所などなど、残りのメンバーが何も考えなくても理想的な回り方が出来るというイタレリツクセリな一日でした。


そんな感じで木曜夜から日曜深夜まで、楽しくもあっという間の週末でした。
ちなみに今日のブログの中に12回も「カーズ」の名前が上がってきます。
僕の心も体も本鮪さんのモノだけど、こんな週末も悪くない今日この頃です。
スポンサーサイト
【2009/06/29 15:20】 | 青年団 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
青春の味
書きかけた手紙には「元気でいるよ」と、小さな嘘は見透かされるね…こんにちは、夢見るダメ人間こと136Rです。素直な気持ちはなかなか出ません。

先週末には僕ら掛川市青年団『風楽』が市の教育委員会から委託されている少年リーダー教室という事業の第一回が開催されました。

かといって少年リーダー教室について親切丁寧に説明するでもなく、第一回の報告をするでもなく、そこら辺は本鮪さんのブログに任せてここでは脱線話をKY夜露死苦で展開したいと思います。よっ!ダメ団長!!


この日の企画はお昼をまたぐ企画だったので昼食を用意しなくてはならず、実長であるアベベから「昼の休憩中に昼飯買いにいくなんて野暮なコトすんじゃねぇーよ。事前に準備しといて少しでも子供と長く接してろや」という御達しが出てたので、あさ現地に向かう前にコンビニで調達しておくことにしました。

白飯とココアでも美味しく頂けるくらい甘党な僕ですが、メタボが気になる御年頃(自称”思春期”)ですので飲み物はお茶でガマンしといて、おむすびとパンでも買おうかと食べ物コーナーへ。

途中のサンドイッチに心惹かれて「おむすび+パン+サンドイッチ」のメタボどんと来い!と言わんばかりのメニューに予定を変更して、サンドイッチ片手にパンコーナーへ向かうと、そこには懐かしの「チョコスティックパン(8本入り)」が。

皆さんにとっては微塵も懐かしくない「チョコスティックパン(8本入り)」ですが、僕にとってはかかせない、むしろチョコスティックパン無しでは136Rを語れないくらいの代物なんです。

思いおこせば約10年前、校訓である「誠実・勤勉」をモットーに、日々勉学に勤しんでいた高校時代、お米を買うお金が無くて唯一の食事は家族で1本を分け合うチョコスティックパンでした。

あんまり嘘ばっかり書くと誰も読んでくれなくなるんで本当のコト言うと、買っておいたチョコスティックパンを教室の机に常備しておき、小腹が空く度に先生の目を盗んで食べておりました。

コンビニでチョコスティックパンの入荷量を増やすくらい買い続けていたんで、僕にとってはチョコスティックパンは青春の味なんです。

話がモノの見事に脱線しましたが、そんな青春の思い出が走馬灯の様に駆け巡りまして、なんだか無性にチョコスティックパンが食べたくなり、今日のお昼はお茶とチョコスティックパンに変更しました。ガムシャラだったあの頃にちょっと戻った気分☆なんてね。

さらに脱線するけど「がむしゃら」って入力すると「我武者羅」って変換されんのね。
なんだか「武者頑駄無(ガンダム)」みたいで驚いた。


話を戻すと第一回少年リーダーの内容はトランポビクスでして、一人用のトランポリンの上で体を動かして健康的になっちゃうってスンポウなんですが、これが意外とハードな運動でして、運動不足な大人たち(136R含む)は後半、笑顔が無くなってました。

なんとかトランポビクスを乗り越え、汗をかいて水分が足らない体にムチ打って昼食会場へ。
会場はエアコンが効いてて涼しいんだけどやっぱエアコンてドライな生き物だから余計に喉が渇くんだよね。
そんなこんなでみんなはそれぞれ手作り弁当やらコンビニ弁当を広げて美味しそうに食べてるんだけど、僕が準備してきたのは「チョコスティックパン(8本いり)」だけ。

もうね、口に入れた瞬間にスンゲー水分持って行きやがるの。スナスナの実を食べたサー・クロコダイルの干割じゃねぇーかってくらい持ってかれんの。

買って来たお茶も小さいサイズでソッコー無くなって、おまけに無駄に8本もあるもんだから全然減らなくて、散々な昼食でした。

でもね、そこに天使が舞い降りたんです。

136Rさんて基本、子供たちに好かれるんで、むしろ「いじめられてんじゃねぇの?」ってくらい叩かれたり追っかけられたりするんで、昼食の時も小童達が弁当見せびらかしたりチョッカイ出してきたりしてたんです。
そしたらそんな中の一人の女の子が、この干からび寸前のおっさんにアメリカンチェリーとかいう小洒落たフルーツを恵んでくれるじゃないですか、そのお友達もオールデンキウィを恵んでくれて、砂漠の様だった口の中がいっきにオアシスになったんです。

もうね、二人とも連れて帰って養子にしてもいいと思った。二人が望むならあしながおじさんにでもなんでもなってやろうと思った。

お礼にチョコスティックパンをあげて、物々交換を思い付いて本鮪さんからおむすびを無理やり交換したりして、それなりに美味しい昼飯だったんだけど、最後に来た小僧はチョコスティックパンと交換にドーナッツを持って来たんだけど、「これじゃ渇き度的に変化ねぇじゃねぇか」とも思ったんだけど、なんだかんだで楽しい昼食でした。


去年の12月以来、約半年ぶりの少年リーダー教室だったけど、やっぱ楽しいモンですね。
屈託の無い子供たちと一緒にいると自分も子供に戻った様な気分で一緒に楽しくなれます。
「現代っ子は」なんて言葉を口にする人もいますが、全然そんな事ありません。そんな枠に嵌め込んでるのは大人たちの方です。今も昔も変わらず、時間と場所さえあれば走り回り、遊びを創り出すのが子供たちなのです。

良かったら皆さんも遊んでみませんか?

よし、これで俺のイメージアップもバッチリだ。グヘヘ
【2009/06/23 09:43】 | 青年団 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
この世が戦場なら金は銃弾。
シルクロード、愛は千里、ためらうなら忘れたい…、こんにちは、夢見るダメ人間こと136Rです。愛の輝き、放て。

世の中には悪い事をしてお金を稼ごうとする人がいまして、そんな輩に騙されてしまう人が後を絶ちません。
先ほど、僕の所に一通のメールが届きました。
内容を見ると、「136Rがどこぞのサイトに登録してその金を払ってねぇよ、べらんめぇ」ってコトの様です。
ちなみにこの請求して来た人は「太平興信の西田」って人らしいのですが、一瞬、知り合いの顔が浮かんで「まさかな…」とも思ったんですが、試しにネットで調べてみますと出るわ出るわ、「太平興信の西田」さんの悪評が所狭しと検索に引っかかりました。Yahoo!の検索に文字入力しようとすると「太平興」辺りで、「太平興信 西田」って出てくるぐらい。

こりゃあ僕の知ってる西田さんじゃなさそうなんで、お仕置きの意味も込めて国民生活センターだか東京都なんたらかんたらだかに通報しておきました。

みなさん、架空請求はいまだに続けられています、気を付けてください。「太平興信の西田」は僕らの西田さんではありませんので、バシッと無視しましょう。たぶんだけど。
【2009/06/18 12:08】 | 戯れ言 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
時代遅れのオンボロに乗り込んで…転がる様に生きて行くだけ。
もし君に、ひとつだけ、強がりを言えるのなら、「もう恋なんてしない」なんて、言わないよ絶対・・・あ、こんにちは、夢見るダメ人間こと136Rです。馬鹿な男の強がりやね。


人は日々の生活の中で常に「線引き」をして生きていかなければなりません。
状況を把握し、己を知り、自分の限界を決めて行動しなければならないのです。

飲めるお酒の量はどのくらいか?
今日中に出来る仕事はどこまでか?
一回の週末に入れれる予定は何個まで?

どこぞのラーメンが「NO BORDER」なんて騒いでもこの「線引き」は消えないワケで、これをしなかったり読み間違えると酔い潰れて醜態を晒したり、仕事で大失敗こいたり、行けもしないのにOK返事して友達に迷惑をかける、なんてことになります。


先日、僕も一つの「線引き」で悩んでいました。

静岡でゴミ拾い&BBQに参加した後、前日からのお酒や運動で体がヘロヘロな状態で袋井までの道のりを車で帰ってる最中の出来事でした。

疲労感に包まれたせいで面白い事も言えずにBBQに参加してしまった事を反省しつつ、これで事故ったら前回の教訓が活かされていないじゃないかと居眠りに注意しながら運転をしておりました。

小一時間ほど走ってなんとか袋井に入り、あとは二つ先のバイパスインターで降りて二回曲がれば我が家だって時にそれはおきました。

エンジン停まった。

「もう無理やわ~」と言わんばかりに頑張るのをやめたエンジンさんはそのあと何度キーを回してもかかる事はありません。
しかし、それは突然に起きた事ではなく、ただ単に僕が「線引き」に失敗しただけの事なのです。

静岡を出発する時、いや、正直に言うと静岡に行く前の島田を出発した時点でガソリンメーターはメモリの最終ラインの上でした。
その後静岡に向かい、ゴミ拾い&BBQに参加して、今度は袋井に向かう時、メーターはメモリの外、サッカーで言うならロスタイムの領域に入っていました。

もちろん、静岡を出発してから車が停止するその時まで、いくつものガソリンスタンドを通過してきました。
緑色のJOM○さんとか、貝殻マークのあそことか、ヒソカみたいな看板のトコとか、いくつもの市をまたいでますからGSが無いワケがありません。

でもね、僕は無視しました。緑色のJOM○さんも、貝殻マークのあそこも、ヒソカみたいな看板のトコ
も、みんなみんな無視しました。

それは、自分の限界に挑戦したかったから、「俺は何処まで行けるのか?その先にどんな景色が待ってるのか?」、「この道を行けばどうなるものか?迷わず行けよ、行けばわかるさ。」その答えを探すためにひたすら前に、俺は進んだ。


嘘です。
ただガソリンの残量を読み間違えて「もうちょっと行けるかも★」とか思っただけです。

だって、買い換えた愛しきオンボロワゴンRくんはガソリン残量の警告灯が点かなくて、うすうす「そうかも」とか思いながらも「でもまだ行けるかも」とか思ったんだもん。

そしたらバイパスを走ってる時にエンジンが停まっちゃって、それでもなんとか惰性で走るんだけども、遅いもんだから後ろの人たちが「なんだなんだ」とザワつきだして、でもなんとか降り口まで辿り着いたから、後は降り口の下り坂を利用して若干の加速をして下り坂を降りて、その先の交差点手前の広い道路の端っこに車を停めました。
なんか鉄腕DASHの「ソーラーカーだん吉」みたいだった。

そこからはもうピクリとも動かない、正確に言うと動けないから、まぁ一息つこうって事で自販機まで歩いて缶コーヒーを買って、どうしようかなぁと物思いに耽っておりました。

んで、ガソリンスタンドまで歩くのも面倒だし、家までは近いから、家族に電話してガソリンを持って来てもらう事にして電話しました。
連絡をし終えると後は救助が来るのを待つだけだから、溜まってたメールの返信をしたり、大好きな本鮪さん(男性)にメールをしたりして過ごしました。

家族が到着すると「1リットル1万円な」と足元見られた値段をたたき付けられましたが、これにて再出発です。無事に帰宅する事が出来ました。


むかし、あるF1ドライバーにアナウンサーが「貴方が認める優秀なドライバーは誰ですか?」と尋ねました。
そのF1ドライバーは「それは君たちだ」と答えました。

優秀なドライバーとは、必ずゴールする者の事です。危険な運転をせず、人生という道を確実に進む君たちこそ優秀なのだと彼は言いました。
そしてその数ヵ月後、レース中の事故で彼は命を落としたのです。


途中からキャプテン ゴー☆ジャスばりに「ワケわかんねぇ」になったかもしれないけど、要は「線引き」を見誤るなってコトです。
限界への挑戦は決して悪い事ではありませんが、その先の覚悟を忘れてはいけません。

ではでは皆さん、良きカーライフを。
【2009/06/16 09:57】 | 戯れ言 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
正しい事がしたいなら、偉くなれ。
白髪の数ケンカして、シワの分だけの幸せ、二人で感じて、生きて行こうぜ…、あ、こんにちは、夢見るダメ人間こと136Rです。幸せって、そういうこと。

信じられないんだけど、世の中には「コメロンヅケ」を知らない人たちもいるらしく、今日はそんなどうやってこれまで生きてきたのかわからない残念な人達にこの136Rが手取り足取り、くんずほぐれつでレクチャーしたいと思います。ばっちこぉい。

そもそも「コメロンヅケ」の「メロン」とは、皆さんの頭に浮かんだとおりの果物でして、貧乏人な僕なんかは給食にメロンが出るってだけで一日幸せな気分で過ごせたものです。ちなみに今「きゅうしょく」と打ち込んだら「給食」より先に「求職」が出てきました。・・・そういう時代ってコト!?

うんちく大王の様に遠まわしに分かりづらく説明していきますが、僕らのアイドル「めろんさん」が何故に高級果物の象徴であり、あの豊潤な果肉になるかというと、世に出てくる「めろんさん」はエリートでお嬢様で温室育ちなんです。メロンは全部温室育ちだけど。


人間に例えて話しますと、メロンとして生まれてきた時点でお金持ちの家に生まれた様なもんです。
当然、入れられる学校もお嬢様学校、「聖オンシツ女学園(全寮制)」に入学します。

学校生活は気品と教養を学ぶエレガントスクールライフです。
しかし、そんな中にも成績の順位や家のお金持ちランク、容姿や異性人気によるランク付けが日々行われ、日夜ランキング争いや派閥争いが後を絶えません。

そんな中、主人公の「牧野めろん」は持前の明るさと他のお嬢様には無いハングリー精神でなんとか上位ランキングを手に入れるのです。

そうして温室女学園で優秀成績を修めた牧野めろんは、一人前のメロンとなって学園を卒業し(出荷)、僕の所に嫁入り(納品)されるのです。

優秀者はメロンとして卒業(出荷)出来ますが、それ以外の生徒はどうなったのでしょう?

彼女達はメロンにはなれず、「コメロンヅケ」として世の中に投げ出されるのです。


分かりづらく説明しましたが、簡単に言うとメロンは一つの木(苗)から一つのメロンしか収穫しません。
これは栄養をその一つに集中させて美味しいメロンを作るためです。
残りのメロンは成長する前に取り除かれます。この取り除かれた子供のメロンを利用して漬物にしたのが子メロン漬けです。
子供のメロンは実がまだ固いうちにとられるのできゅうりに近い感じです。


みなさん、子メロン漬けについてわかりましたか?ためになるねぇ~、ためになるよぉ~。
ちなみに、僕が「メロンの作り方」として説明したのは、我が町「袋井市」名産の「クラウンメロン」についてですので、野暮なクレームとかは勘弁してください。
【2009/06/04 15:20】 | お地元 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。