スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
明日にきらめけ。
いやいや、昨日は書いててつい時間が無かったというか、余裕が無かったというか、書くのが面倒になったというか、そんな感じで少年ジャンプの打ち切りの様な終わりとなってしまいました。

要はですねぇ、お酒を飲んでて帰れなくなった時にマンガ喫茶に行ったんだけど、そこでルーキーズを久々に読んでしまいまして、川藤先生の名言や新庄の寂しさなんかに涙ちょちょ切れたって事なんです。

ドラマの方は若菜が入部する辺りしか観てないんだけど、やっぱマンガだから泣けるってのもあると思うんだよね。入り込めるっていうか、自分のペースで読めるっていうか。

ルーキーズの数ある話、多数いるキャラクターの中でも気に入ったのが「桧山」でして、どことの対戦だったか忘れたけどエライ点差のついた試合があったんです。
チームの中でも諦めムードが漂うなか新庄が仲間を叱咤激励してから打席に立ちます。執念でヒットを打った新庄に続いて打席に立ったのは桧山!でも桧山は打つのが下手でこの時の試合ではヒットを一度も出してません。それでもあきらめずになんとか塁に出ようと必死になります。
それでも結果はアウトになり悔し涙を流しながらベンチに帰って来るのです。
この悔しさがビシバシと来ましてねぇ、グッとこみ上げるんですよ。

僕の文章じゃ伝わらないと思うんで、是非とも読んでみて下さい。
マン喫行ったら「ルーキーズ」!
スポンサーサイト
【2008/09/05 15:33】 | 戯れ言 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<明日、今日よりも好きになれる。 | ホーム | 紙とインクは教えてくれる。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://136rider.blog100.fc2.com/tb.php/112-3c4ae14c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。